日焼けしている肌には医療レーザー脱毛施術はできない

医療レーザー脱毛施術を受ける場合、完了までに2年近く掛かると言います。

これは個人差があるので早く終わる人もいるでしょうし、2年を超えても満足できる状態にならないケースもあるなど様々、あくまでも目安として考えておくことが大切です。全身脱毛などの場合は、施術範囲が広くなるため、より多くの時間が必要になりますが、医療レーザー脱毛は一度に広範囲のムダ毛を処理できるなどからも、背中やお腹、胸などのような照射エリアが広い部分程、短時間で処理して貰えるメリットもあります。

医療レーザー脱毛は黒いメラニンに反応をする、こうした性質を利用しているため、日焼けしてしまうと施術を受けることができなくなります。普段から日焼け対策を万全に行っている人は安心かと思われますが、夏時期などでプールや海で日焼けをしてしまうと、その時点で黒さがなくなるまでの間は施術をお休みしなければならない、結果的に2年では完了しなく恐れもありますし、期間が決まっている場合には、残り回数があっても終了になる恐れもあるわけです。

これから医療レーザー脱毛施術を受けたいと考えている人は、日常での紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。外出する時には日焼け止めを利用するだけでなく、日傘を使う、長袖を利用するなど可能な限り肌を紫外線から守ることが大切です。また、施術を受けた後は肌がとてもデリケートな状態になるので、施術の帰り道なども紫外線対策をしっかりと行って日焼けから大切な肌を守ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *